その場で消失した腰椎すべり症の痛み

alt=””

はじめに

東村山市在住 40代 T・M様 

こちらは、先日、股関節矯正で反り腰が快善されたことにより、腰椎すべり症の痛みが消失された方のケースになります。

施術矯正一回目で、腰の真ん中~右臀部、太もも、脛(すね)にかけての腰椎すべり症の痛みが、ほとんど感じないまでに消えてしまいました。

ストレートネックで、首、両肩、肩甲骨と上半身にも痛みが広がっていましたが、こちらも全体的に楽になりました。

腰椎すべり症と股関節転位

腰椎すべり症とは、積み木のように連なっている腰椎が、前方へと滑り出して様々な症状を生む病気です。

この根底には、骨盤の前傾、いわゆる反り腰の状態がありますが、これは、両股関節の内旋や脚長差といった股関節の転位(角度の異常)によってももたらされています。

alt=””

腰椎すべり症を生む典型的な股関節のタイプ

股関節が内旋といって内にねじれると、その側の骨盤が前傾します。両股関節が内旋すると、この反りの度合いは甚だしく大きなものとなり、内旋の度合いが大きい側の骨盤がよけいに反る形になります。

T・M様の股関節も、腰椎すべり症を生む典型的な股関節のタイプ(両股関節内旋)でしたが、内旋の度合いの大きい右股関節を矯正し、左右脚の長さをおおまかに揃えただけで、骨盤の前傾が快善され、腰椎すべり症の痛みが消失してしまったのです。

施術矯正

一回目の矯正で、脚長差(左右脚の長さの差)を縮め、歩いていただきました。

『・・・どうですか?』『体全体がすごく楽です。』

『痛みはどうですか?』

『痛みは・・・ないです、あ、まったく痛くない・・・』

そして、ひとしきり確かめられ、帰って行かれるとき、『一生治らないと思っていました。』と、仰っていました。

その後、一週間で痛みが戻ったということですが、これは、脚長差(左右脚の長さの差)が、前の状態に戻ったために症状が復活してきているのです。

腰椎すべり症という重篤な骨格の異常を生んでいる股関節ですから、一回の施術でまったく出なくなるまでに快善させることはさすがにできなかったようです。ここに至るまで、癌の治療や、心身の様々な既往歴を抱えてらっしゃるお体です。   体のゆがみと股関節転位はそれなりに根深いものがあります。

しかし、脚長差を縮めることで、この腰椎すべり症の痛みが快善されていくことは、はっきりと分かりました。

以後は、スクワットや自己整体をご自身のペースで行い、脚長差を縮めていかれるだけで、腰椎すべり症はもとより、様々な病状を生んでいる左足が長い体質から、完全に解放されていくことが、期待できることでしょう。

自己整体

ご自身の股関節のタイプにあった自己整体や矯正スクワットを実践することで、脚長差を縮め、ご自身の体を癒していくことは、十分に可能です。

T・M様の場合を例にとると、両股関節の内旋に加え両股関節の外転が加わっているので、股関節をよりバランスのとれたものにしたい場合には、内旋を矯正した後、外転矯正と順を踏んで行っていきます。

けれど、取りあえずは、右股関節を主に外旋させるスクワットを続けて行かれるだけで、腰椎すべり症の骨盤の前傾は大きく快善されていきます。

 

 


施術内容 >

sejutu01.jpg

施術内容についてご案内しています。

台湾式リフレクソロジー >

2007-01-19 0113.jpg

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

voices〔ご感想等〕 >

IMGP0866111.jpg

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください

042-307-9588

受付時間 : 11:00~20:00 月曜日休診

フォームからのご相談はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA