先天性股関節脱臼

このページでは先天性股関節脱臼と脚長差について説明しています

 

先天性股関節脱臼とは          改善例

 

先天性股関節脱臼は、先天的または後天的に、大腿骨の骨頭が寛骨臼(かんこつきゅう)の外側に脱臼している疾患です。
脱臼している側の脚が短くなり、開きにくくなります。骨頭が内側に脱臼(後方脱臼)していることが原因で、先天性股関節脱臼は、ほとんどがこの後方脱臼になります

脱臼していない側の脚には通常、問題がないとされますが、左右の股関節は骨盤で連動しているため、片側の股関節が脱臼している場合、もう片方の股関節も正常な角度ではありえません。
この状態は、左右足に長短差をもたらし、両側脱臼の場合にも、片側脱臼の場合にも、脚長差が生じています


そうすると、幼児期から偏った動作を何十年と繰り返していくことになり、偏った筋肉が発育して脚長差が大きくなり、脱臼は徐々に進行していきます。

結果、他の場合と同じく全身にゆがみが生じ、ゆがみに起因する肩こり、腰痛、血行障害などをはじめとして、神経障害に起因する内臓の疾患などもおきてくるのです。

 

 

根本的アプローチ

 
先天性股関節脱臼は、早期に治療しない限り、脱臼している骨頭を元の位置に整復する事は不可能なのですが、大腿骨の角度を調整することで、脱臼の進行の原因である脚長差をなくして、他の股関節疾患の誘発や進行を食い止めることができるのです。

また、矯正を続けることで、背骨の生理的な彎曲度を保つことが自然とできるようになり、歪みに起因する症状からも開放され、内臓の機能も回復して行きます。
先天性の股関節疾患の方であっても、日常生活に支障ない状態を生涯にわたって維持することは、十分に可能です。

脱臼が進行している場合であっても、股関節の矯正をはじめてすぐに、状態の改善が感じられます。


以後は、自己矯正を学ばれて、股関節・大腿骨の角度が元に戻らないように、持続的な取り組み姿勢を維持されることも大切です。