母乳の出が悪い原因|股関節転位(脚長差)

alt=””

出産された後に母乳の出が悪くてお困りの方は、多いのではないでしょうか?

産後3ヵ月でいらしたY・Uさんも、母乳の出が悪く、出を良くするために水をたくさん飲むように言われ水を一日に3ℓ程も飲まれるので、頻尿(一日10回)になっていました。

もともと左足が長い陰性な体質である上に、水分をこれだけ多くとっていますから、全体的にとても冷え切った雰囲気で顔色も白く、妊娠出産を経て、骨格の歪みに加え、体調体質の悪化を、ひしひしと感じておられるご様子でした。

しかし、股関節矯正による産後骨盤矯正の効果は早く、二回目の矯正にいらした時、早々と、『母乳の出がよくなったんですよ♪』と、嬉しそうに報告してくださいました。

初回矯正で母乳の出が良くなる

東久留米市在住 30代 Y・U様

前回、水分の量を少し控えるようにとアドバイスさせていただき、この一週間は、そう多くはとっていないという事でしたが、それにも関わらず母乳の出がよくなっているということなのです。当然、水分を控えたことで頻尿も良くなっています。

矯正してから翌日位まで、冷え切っていた体にエネルギーの流れるのを感じ、体がとても暖かかったそうですが、母乳は、乳房にある乳腺で主に血液を原料にして作られていますから、母乳の出が良くなったのは血流の回復と大いに関係があります。

股関節矯正で角度が快善されると、圧迫されていた股動脈の流れが回復して血流が良くなりますが、更に、(このことがより重要なのですが)、左右の脚長差が縮まることにより身体のバランスが整うと、陰陽の分離が快善されていくので、陰から陽へ、陽から陰へと偏った体質が回復するのです。

母乳の出を妨げていた股関節転位(脚長差)

Y・Uさんは、左股関節が外旋、外転、右股関節が内旋、内転していて左足が長く、一cm強の脚長差がでており、左足の長い陰性な体質です。

左足が長いと、消化器系や泌尿器系、そして生殖器系の働きが悪くなりやいのです。これらの内臓諸器官は身体の深部、下部という陰性な冷えやすい場所に位置していて、左足が長くなることによって、陰が陰に傾き、これら内臓諸機関の機能低下(この場合、頻尿・母乳の出の悪さ)が起きてきます。

母乳の分泌は、卵巣ホルモンなど多くのホルモンの働きによってコントロールされていますが、Y・Uさんの場合、妊娠出産によって、左足がこれまで以上に長くなり子宮・卵巣の働きが低下していましたが、左右脚の長さを縮めた事で、生殖器系の働きが、これまでより快善されています。

陰性に偏った体質が改善され内臓諸機能が良くなる、つまり、血液の循環や新陳代謝がよくなっているのです。

快善されて行く骨格の歪み

骨格の歪みに関して、どの程度快善されていらっしゃるか、先日伺ったところ、

下半身の痛みやゆがみ、それに起因する症状はかなり改善されてきたと思います。

一方、肩こりや首こり、頭痛など、上半身の症状は引き続きつらいことがあるので、もう少し状態が良くなればと思っています。

ということでした。

好転反応・そして体が暖かい

矯正後は毎回、好転反応が出てだるさなどがありますが、すぐになくなります。快善に伴った痛みやだるさ、足関節の違和感などが少しでましたが、これらは、よりバランスのとれた体になるために必要な好転反応です。

いらした当初、冷えや体質の快善までできれば、と仰られていましたが、矯正5回ほどでも、このように、依然とは格段に体が暖かくなられています。


施術内容 >

sejutu01.jpg

施術内容についてご案内しています。

台湾式リフレクソロジー >

2007-01-19 0113.jpg

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

voices〔ご感想等〕 >

IMGP0866111.jpg

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください

042-307-9588

受付時間 : 11:00~20:00 月曜日休診

フォームからのご相談はこちら

股関節遠隔矯正のご案内

“あなたは、どちらの脚が長いでしょうか?” 自分の体を根本から整えていく矯正スクワットを用いて行う股関節遠隔矯正のご案内です。脚長差無料診断と期間限定のサービスについてもご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA