変形性股関節症|長い足から緩和する痛み

alt=””

両股関節共に臼蓋形成不全で変形性股関節症と診断された方の施術例です。

両股関節共に症状(痛み)が出ている場合、この方のように長い方の足から改善されていき短い側が快善されます。矯正に工夫が必要で通常よりも時間がかかる事が多いです。

両股関節共に非常に重篤な状態

初回矯正後、長い方の股関節の痛みが消失

詳細:H・S様 30代 埼玉県在住

3~5年位前、両股関節の痛みと歩き辛さなどから病院で検査を受けた際、両股関節の臼蓋形成不全と変形性股関節症と診断され、手術を勧められました。

しかし手術はせずに、その後は整形外科など通ってみたものの状態は一向に好転せず、両股関節の痛みは増すばかりでどんどん歩き辛くなっていき、股関節痛も非常に極まった状態でいらっしゃいました。階段の上り下りも一苦労です。

右脚が長く骨盤の高低差は3~4センチ程、両股関節共に過度に内旋し、左股に特に内転傾向も強く出ています。

右足が長いのではじめは短い方の左股関節に痛みがでていたのですが、いらした時には長い方の右股関節の痛みを強く訴えられていて股関節の転位が複雑で、両股関節の症状共に重症です

検査では、股関節の磨耗はそれほどには進行していなかったそうですが、検査から三~五年の歳月〔記憶が曖昧〕が経過しています。

その間、右脚の長い人に特有の有り余るほどの体力で、立ち仕事を精力的に続けられ、両股関節の内旋と脚長差を助長してきたのです。

足先を開いて立つことすらできず、矯正動作や屈伸運動を行う事も難しい状態です。

初回の矯正では何をしても痛く、お辛かったのですが、3~4センチ程あった骨盤の高低差が大幅に狭まりました。

それからは右股関節の痛みが消え、現在に至るまで出なくなったため、以後は、右股関節に重心をかけるという最低限の矯正動作が可能になりました。

脚長差を縮める事で、股関節の磨耗の進行に大まかに歯止めがかかったと思います。

左右のバランスが良くなったことはご本人も自覚されていて、三回目の矯正の今日、矯正後は骨盤が楽になり、長い方の右脚に更に、重心をかけやすくなりました。

遠隔矯正|自宅で十分に矯正可能

こちらの方は、遠方からご友人の車に乗せてもらいいらしていましたが、これを続けるのは難しかったご様子です。今ならば、遠隔矯正を行っているので、zoomなどで自宅で簡単に矯正を続けることができるのですが、残念ですね。

臼蓋形成不全の方は大抵両側共に内旋と言って内ねじれの股関節なのですが、状態が安定するまでは、矯正に工夫が必要で時間もかかります・・・、しかし、あまりに遠方で、通うのに気力も萎え尽きて・・・という場合、遠隔でのzoomなどを使った矯正をおすすめしているのです。


施術内容 >

sejutu01.jpg

施術内容についてご案内しています。

台湾式リフレクソロジー >

2007-01-19 0113.jpg

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

voices〔ご感想等〕 >

IMGP0866111.jpg

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください

042-307-9588

受付時間 : 11:00~20:00 月曜日休診

フォームからのご相談はこちら

股関節遠隔矯正のご案内

“あなたは、どちらの脚が長いでしょうか?” 自分の体を根本から整えていく矯正スクワットを用いて行う股関節遠隔矯正のご案内です。脚長差無料診断と期間限定のサービスについてもご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA