背痛〔背中の痛み〕・・・X型O脚 骨盤の高低差5センチ 1

alt=””

K・Iさん 介護関係  60代

I さんは両肩甲骨の辺りに強い慢性の痛みを抱え、腰から背中にかけてのコリに悩まされていました。
もう何年も、身体がどうにもならないほどきつく、疲労がとれずに大変お辛い状態だったということです。
マッサージへ行かれて楽になっても、肩甲骨の痛みは疎か全体的なこりもすぐに戻ってしまうので、骨盤の歪みを矯正したいと思いいらっしゃいました。

I さんのように、両股関節が内旋したX型の股関節は、一見すると姿勢良く見えるケースも多いのですが、実はご自分の生まれ持った脊柱の生理的な彎曲度を超えて反っているために、背中全体に無理がかかり、I さんのように背筋痛・背中全体のこりといった症状が出やすいのです。

この症状を改善するために、両股関節の内旋を共に矯正し、骨盤自体の角度を緩める必要がありますが、I さんは右股関節の内旋度が強いので左脚が長く、左右の脚長差がなんと5センチに達していたのです。

このことが過度な左右のアンバランスをもたらし、
左脚が長い人の場合である消化器系・生殖器系・泌尿器系の機能に、ずっと以前から問題を抱えていました。
頻尿と、過去に盲腸と卵巣膿腫の摘出手術を受けてらっしゃいます。

両股関節の内旋に外転という要素も加わり、O脚で両膝の間は指3本分以上開いています。

脚長差5センチ以上、X型のO脚と、力学的にかなり重症、複雑な歪みから来る心身のストレスは、やはり相当なものと言えます。

どちらの足が長いか、つまり股関節の型は遺伝的なものである場合が多いのですが、Iさんの娘さん、息子さんたちの股関節もそれぞれ診断いたしましたが、左脚の長いX型のO脚だったのです。
娘さんふたりは生殖器系に問題を抱え、お一人はやはり卵巣膿腫の摘出手術を受けてらっしゃいます。
お父様も、姿勢が妙に良いO脚だったそうなので、I さんはじめ3人のお子様たちの股関節の型、体質など、I さんのお父様からの遺伝であることは間違いなさそうです。

両股関節が内旋、外転、更に左脚が長く骨盤高低差が5センチ・・・と、まさに三重苦の股関節で、I さんは力学的にかなりの重症でした。

主訴の背筋痛は、主に両股関節の内旋から来ています。
5センチの脚長差を揃えながら、両股関節を共に外旋していきました。

脚長差は順調に縮まり、背筋痛・背中全体のこりもそれに伴って良くなって行きました。
それでも矯正動作など間違えると症状がぶり返して辛くなるときもあり、行きつ戻りつするご自分の症状と、背中の反り具合や脚長差との関係について、ご自分で気が付かれるようになってくると、次第に主体的に矯正に取り組まれるようになり、以後は、矯正のスピードが早まりました。
毎日、100回〜300回の屈伸運動を続けられ、矯正動作もかなり身についています。

9回目の施術後、当初5センチもあった脚長差が完全に揃いました。
肩甲骨の周囲の痛みはだいぶ前になくなっていますが、背中全体のこりも、疲労した時に出るだけにまで改善しました。
両股関節を外旋させていくことで、更に改善されて出なくなるでしょう。

矯正もここに来て山を超えた感じでしょうか。
この三重苦の股関節で、たった9回の施術で5センチもの脚長差を揃えることができたのは、やはり I さんの努力の賜物です。
考えてみれば、左脚が長いのは、I さんの場合、親子3代受け継いでいる遺伝的なものと言えるわけです。
それが最終的に、力学的体質的にもたらす結果を、変えようとしているわけですからと励まして・・・矯正後、確かめると左右骨盤の位置が揃っていました。
感動いたしました。

正中線のビシっと通った身体を目指して、頑張りましょう !

ヒーリングスペース・ハンズオブライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA