このページでは股関節痛と股関節転位との関係について説明しています。

 

股関節の痛みはどうして起きるのでしょうか?

 

股関節は360度どの方角へも動く全動関節で、人は、この左右の股関節で自身の全体重を支えています。 走ったり、高いところから飛び降りて着地すれば、この体重に勢いというものが加わり、また、重いものを持ち上げれば、その分の付加がこの二点の股関節にかかってきます。


このように、様々な動作・行動をする中で、股関節の位置が正しい位置からずれて戻らなくなる〔股関節転位〕と、左右の足の長さに差異が生まれます。


どちらかの足が長くなれば、両方の足で均等に体重を支えることができなくなり、重心のかかってくるより内旋した短い方の足に股関節痛がでやすくなります。長いほうの足にも股関節痛がでてきた場合、全身のゆがみは複雑になっている場合が多く、それ以外にも、さまざまな問題を抱えるようになります。



股関節痛の改善例

 

東村山市在住 S・Tさん 40代

 

二ヶ月前から左股関節に痛みがではじめました。右股関節が外旋・外転して長くなり、内旋・内転して短くなった左股関節に重心をかけて常に立っています。今回の主訴は左股関節の痛みですが、二回の矯正で消失しました。この股関節の状態を保つ限り、隠し持っている右膝の痛みも二度と出ないことでしょう。右足の長い人は最初、外旋した方の右膝に痛みがでるのです。股関節痛は左に出ます。

 

 

東村山市在住 M・Hさん 60代

 

3年前から右の股関節に痛みを抱え、病院でレントゲンを撮ったり、整骨院など通われていましたが、悪化し、いらした時は、施術ベッドに寝たり起きたり、立ち上がったりの度毎に顔をゆがめてらっしゃいました。週末に大切な旅行を控え、それまでになんとか痛みをとりたいと仰るのですが、痛みが長年のもので慢性化しているのと、悪化の度合いも大きいため、どうかなと思っていましたが、一回の矯正で痛みがまったくなくなってしまったということです。

両股関節が内旋・内転していて、短い方の股関節を重点的に矯正した後は、全身が楽になったと喜んで帰っていかれましたが、その後、歩くのさえ不自由だった股関節の痛みが消失してまったくでないのです、という事、さすがに驚いたのです。


股関節痛の改善例 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 
施術内容
 
台湾式リフレクソロジー
 
voices〔ご感想等〕
     
sejutu01.jpg 2007-01-19 0113.jpg IMGP0866111.jpg

施術内容についてご案内しています。

 

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

 

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください
042-307-9588
受付時間 : 11:00〜20:00 月曜日休診
フォームからのご相談はこちら
IMGP083011.jpg
▲このページのトップに戻る