このページでは脊柱管狭窄症と股関節転位との関係について説明しています

 

 脊柱管狭窄症とは

 
脊柱管狭窄症とは、先天的・後天的に脊柱管が狭くなり、脊髄中枢神経や馬尾神経を圧迫することでさまざまな症状が出ますが、この脊柱管が狭窄する理由にはいくつかあります。


脊柱管とは脊柱を形成する24個の椎骨が重なってできていますので、椎骨がずれるとその積み木のように連なった構造の中にある管の内部は当然狭くなります。また、この状態が長く続けば椎骨の間にある椎間板が変性して後方へ突出したり、椎間関節や黄色靭帯が肥厚したりといった組織の変性が起きて、これらの要因が複合的に影響すると神経の圧迫が更に引き起こされやすくなります



  根本的アプローチ


脊柱管狭窄症は神経の圧迫によって症状がでるため、この圧迫を起こしている姿勢のゆがみを取り除けば、痛みが改善されます。それはさまざまな姿勢〔例:腰を反らせたり立たせたり〕をとることで、この圧迫と痛みが取り除かれる例からも明らかです。実は、この腰椎の前彎〔腰が反る〕と後彎〔腰が立つ〕は股関節転位によってもたらされるので、股関節の矯正により圧迫が取り除かれる状態を保つ事ができれば、痛みから開放されることができます。以下に、これらの姿勢と股関節転位との因果関係について説明します。

 

腰椎を前彎〔反る〕させると症状が強くなる場合、腰を後彎〔立つ〕させると痛みが減少、間欠跛行や神経症状が軽快することが多くある。



この場合、腰椎が過度に前彎していることが考えられます。腰を後傾させると痛みが減少すると言う事ですが、骨盤の後傾は、基本的に両股関節の前方転位〔外旋・外転〕によってもたらされます。また、前方転位と後方転位が組み合わさった脚長差による場合もあるでしょうが、どちらにしても、股関節転位を矯正して腰椎を後彎させると脊柱管の内腔が広がり圧迫が減少、転位を確実に矯正し、脊柱の生理的な彎曲度を達成することで、この状態を半永久的に維持することができます。

 


腰椎を後弯〔立つ〕させると症状が強くなる場合、腰を前傾〔反る〕させると痛みが減少、間欠跛行や神経症状が軽快することが多くある。   

    


この場合、腰椎が過度に後彎していることが考えられます。腰を前傾させると痛みが減少すると言う事ですが、骨盤の前傾は、基本的に両股関節の後方転位〔内旋・内転〕によってもたらされます。また、前方転位と後方転位が組み合わさった脚長差による場合もあるでしょうが、どちらにしても、股関節転位を矯正して腰椎を前彎させると脊柱管の内腔が広がり圧迫が減少、転位を確実に矯正し、脊柱の生理的な彎曲度を達成することで、この状態を半永久的に維持することができます。


但し、股関節転位が長年にわたり進行し、脊柱の歪みや組織の変性が進んでいるような場合には、股関節をより理想的な、神経を圧迫しない状態にまで矯正することが必要になります。

 

脊柱管狭窄症の改善例

 

東村山市在住  T・Tさん 70代

 

主な訴えは腰痛、膝関節痛、肩こり・・・腰椎の下部と仙椎、尾骨のあたりが痛み、そこから放射状に臀部、太腿、脛(すね)にかけて神経痛が起きて、歩行をはじめとして階段の上り下り、日常の動作が困難

当初、坐骨神経痛だと思っていた神経痛が、後に病院の検査で脊柱管狭窄症だったと告げられました。

左脚が長く、両股関節が過度に外転・外旋した重度のО脚で、骨盤の高低差が4センチありました。

週に二回の矯正を3,4ヶ月続け脚長差がほぼ揃った時、昼も夜も苛まれていた痛みが突如として消え去ったと驚かれていました。しかし脚長差が前の状態に戻りかけるとたちまちの内に痛みが完全復活、この方は矯正を途中で続けられなかったために、残念ながら完治には至りませんでしたが、神経の圧迫と脚長差との因果関係は明らかでした。

 


東久留米市在住  Y・Mさん 60代

 

二年前に病院でMRIをとり、脊柱管狭窄症と診断されました。

その後も症状は悪化していき、いらした時は、腰部全体と背中の痛み、足の痺れ・・・しばらく歩いていると足の痺れと痛みが酷くなり[間欠性跛行(かんけつせいはこう)]200メートル続けて歩く事がやっとな状態が続いていました。

左足が長く、左股関節が外旋・外転、右股関節が内旋・内転していて、骨盤の高低差が甚だしかったのですが、週一の矯正を8ヶ月続けられ・・・

腰から背中全体を覆っていた痛みは、左側の腰にぼやっと残るだけになり、足全体の痺れも膝下4分の3のみになりました。歩行距離は200メートルから1キロにまで伸びました。

矯正期間中は年に5,6回程もひいていた風邪をまったくひかず、息の苦しさもなくなりました。また、4日に一度の便通が毎日出るようになりました。

ラストスパートというところで、雨の日に自転車に乗っていてまた転倒され、矯正を続けることができなくなり残念でした。

詳細はこちら

 

 
施術内容
 
台湾式リフレクソロジー
 
voices〔ご感想等〕
     
sejutu01.jpg 2007-01-19 0113.jpg IMGP0866111.jpg

施術内容についてご案内しています。

 

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

 

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください
042-307-9588
受付時間 : 11:00〜20:00 月曜日休診
フォームからのご相談はこちら
IMGP083011.jpg
▲このページのトップに戻る