究極の骨盤矯正をご自宅で    股関節から根本的に整え、脚長差の治し方も教えます

「反り腰や平背、側弯症を改善しスタイルを良くしたい」
「臼蓋形成不全症、股関節痛などの股関節疾患を改善させたい」
「自分に合った運動や正しい筋トレの方法が知りたい」

全国からのこのようなご要望にお応えし、股関節矯正SemisianではZOOMを使った股関節の遠隔矯正を行っています。
あなたの骨盤を支えている左右の股関節のタイプを正確に判別した上で【脚長差】という歪みの大元から根本的に骨盤を整え、それを維持する為の自己整体法のご指導も行っています。

股関節矯正は究極の骨盤矯正

体の歪みの根本原因は股関節転位〔角度の異常〕にある

体のゆがみを整える為あらゆるところへ通われても、良くなるどころか悪化してしまったという方は非常に多いですね。
カイロ、整体、整骨院、何処へ行っても何をしても治らないのは何故でしょうか?
その理由は、それらの療法や処置が体の歪みの根本原因を捉えていないからだと言う事が言えるでしょう。体の歪みの大元の原因は骨盤にあるとされますが、その骨盤は左右の両股関節によって支えられています。

股関節は骨盤の臼蓋という浅い窪みに大腿骨の骨頭がはまり込む形で繋がっている部分を言います。
人は、自身の身体の重量を二本の脚で支え立っていますが、その力の支点となっているのは左右の股関節です。
この股関節は全動関節であらゆる方向に動き多種多様な動作を取る事を可能にしていますが、それ故に、走ったり飛び降りたりなどの勢いの加わった加重が左右の股関節に不均衡にかかるなど非常に位置がずれやすく転位しやすいのです。

股関節は外ねじれ(外旋)になると仮性延長といってその側の脚が長くなり、内ねじれ(内旋)になると仮性短縮といって脚が短くなります。骨盤は左右の股関節の上に乗っているのですから、右足が長くなると右骨盤が高くなり、左足が長くなると左骨盤が高くなります。

脚長差を生じると人は偏った動作を繰り返す為、脚長差は更に増幅していきます。又、股関節は外旋すると恥骨を前に押し出す為その側の骨盤は後傾して立つようになり、内旋すると骨盤は前傾するようになります。

つまり、股関節の転位(角度異常)は骨盤を前後左右に歪ませるのです

こういった現実を踏まえずに、骨盤、又は頭骨が歪み筋肉や腱が萎縮していると言って矯正をしても対症的処置に過ぎず歪みの本質を見ていない為、股関節疾患などの転位が進行した状態や重症の疾患などにはとても太刀打ちできませんし、少し改善されたとしてすぐに戻ってしまうわけです。

それに対して股関節矯正は根本から骨盤を整える究極の骨盤矯正である為基本的に元に戻りにくく、この施術における股関節矯正のメソッドは、遠隔での矯正においても股関節の転位原則を応用した矯正スクワットを行う事で同様に発揮される為、大抵の場合、通常の整体に通われるより早い時点で矯正の確かさをご自身でも感じとる事ができます。

脚長差を縮める事で期待できる効果

短い脚の側から改善されていく症状

② 左足の長い・右足の長い体質の改善 

③ 側弯の改善

①短い脚の側から改善されていく症状

脚長差が生じていると人は短い方の足に重心をかけて立つようになります。例えば左足が長いと短い右足に重心がかかりますが、短い方の右股関節は左股関節より相対的に見て内旋している上に、右足に重心をかけて立つ事で右の股動脈が圧迫されて右半身の血流が悪くなり、転位初期では右半身から症状が現れます。
更に、このような偏った動作を延々と続ける中で脚長差が進行すると、股関節痛を始めとして腰痛や肩こりなどの症状は右半身から広がっていき、力学的歪みが複雑になって左半身にも症状がでるようになります。

右股関節痛で悩む人は左股関節痛で悩む人より圧倒的に多い事実

『右股関節が痛い 原因』で検索する人は月間1~10万人、『左股関節が痛い 原因』で検索する人は100~1000人(by Googleキーワードプランナー)に対し、ざっくりと見て最低でも10倍~といった多さです。

右股関節に痛みを抱える人は、左股関節に痛みを抱える人よりも何故これ程までに多いのでしょうか?
それは、日本人の約8割弱は左足が長いからなのです。 

先に書いたように脚長差が生じてくると人は、重心をかけて立つ短い方の脚の側から症状を抱えはじめる為、左足が長い人が多い日本では、このように右股関節の痛みに悩む人が多くいるのです。

左脚長4:右脚長1の比率に対してこの数字は大き過ぎますから、大きな要因の一つと言った方が良いかも知れません。しかし、思うにこれは両者の体質の違いを単に示唆するもので、左足が長い人は右脚が長い人に比べ血流が悪く体質・骨格共に繊弱である傾向があり、如何に症状が表面化しやい陰性な体質であるかと言う事を物語っているに過ぎないのです。

つまりはこのように、あなたの長年抱え続けた症状は左足が長い事が原因かも知れませんし、右足が長いことが原因かも知れませんが、脚長差が全身に及ぼす影響は明らかですから、脚長差を縮めていく事で、何れは、今気になっているひとつの主訴だけではなく関連するあらゆる部位が全体的に改善されていく事を期待していいのです。又、右足が長い場合も同様に短い方の左半身から症状が改善されていきます。


② 左足の長い・右足の長い体質の改善

上で触れたように、脚長差は左脚が長い人、右足が長い人それぞれの体質の違いを生み出し、左脚が長い、右脚が長いというのは生まれつきである事が殆どと考えられます。人は生まれてから死ぬまで短い脚に重心をかけて立つ事で短い脚の側の半身を抑制しています。このことにより脚長差が増幅して、それぞれの体質に更に偏ると様々な症状が発現するようになります。実は、あらゆる病状の進行とは脚長差の進行に他なりません。

左足が長い人は内臓〔消化器系・泌尿器系・生殖器系〕の機能が弱く陰性な体質。

右脚が長い人は呼吸器系・循環器系の機能が乱れやすく陽性な体質

脚長差が進行して力学的に重症になってくると、どちらの症状も入り乱れるようになっていきます。しかし、股関節の転位を矯正し脚長差を揃えていく事でそれぞれの体質、症状は改善されていきます。


③ 側弯の改善

脚長差を縮める事により改善が期待できるものに側弯症があります。

背骨の側弯は脚長差と大きく関わりがあり、例えば、仮性延長によって左足が長くなり左の骨盤が高くなると、骨盤に対して垂直についている背骨は一端右側に倒れ左側に戻る為、腰部において右凸のカーブを描きます。このように左足の長い人は基本的に右凸の側弯なのですが、胸部においては左凸になるパターンも多くあり、胸部における側弯の度合いが大きければ左足の長い人でも左凸の側弯という認識になると思います。

しかし本質を言えば、脊柱においてより付け根に近い腰部からの状態を見た方が良いのです。それによってどちらの脚が長いのか判別もでき、又、脚長差を縮める事で腰部側弯が正されれば胸部の側弯も良くなっていくからです。

 

骨盤の前傾・後傾を改善する事で期待できる効果

股関節は内旋する事でその側の骨盤を後ろに押し出す為、例えば右股関節が内旋すると右側の骨盤は前傾して反ります。これが両股関節共に過度に内旋するといわゆる反り腰になるのです。

又、外旋するとその側の恥骨は前に押し出される為、例えば左股関節が外旋すると左側の骨盤は後傾して立ちます。これが両股関節共に外旋すると骨盤が立って猫背になるのです。

両股関節転位が進行すると、その基本的な姿勢は変化しますが〔例:前傾→後傾、ストレートバック→後傾〕、股関節転位というただひとつの根本の原因を矯正して整える事で、徐々に改善されていきます。

股関節タイプの種類

該当の股関節タイプをクリックすると詳細説明が表示されます。

  左脚が長い人                L型

  単純系 L1 両股関節内旋 L2 両股関節外旋 L3   

      右脚が長い人                  R型

  単純系 R1 両股関節内旋 R2 両股関節外旋 R3

 

L1〈左脚の長い単純系〉

左脚が外ねじれで開きやすく右脚が内ねじれで開きづらくなっていくタイプで、右半身から症状を抱えやすく転位が進行すると右側に体が捻じれていきます。脚長差が増幅しやすい為に最も脊柱の側弯が重症化しやすいタイプです。

 

L2〈左脚の長い両股関節内旋〉

骨盤は前傾して反り腰、背骨が反って鳩胸気味です。右の股関節から転位が進行する為右脚から開きづらくなって行き、脊柱が反り返って生理的彎曲度を過度に超えるとバランスをとる為に今度は猫背になったり骨盤を立たせ後弯姿勢になる人もいます。

特に、両股関節共の内旋に外転が加わるとこのような姿勢に陥りやすく、股関節や病状が重症化していると股関節タイプの見極めに時間がかかる場合もあり、改善に最も時間のかかる股関節タイプとなります。

 

L3〈左脚の長い両股関節外旋〉

骨盤は後傾して猫背、転位が進行すると左の股関節が過度に外ねじれになり、骨盤が立ち背骨が後弯してガニ股になり、お尻が垂れて猫背が酷くなります。

 

R1〈右脚の長い単純系〉

右脚が外ねじれで開きやすく左脚が内ねじれで開きづらくなっていくタイプで、左半身に症状を抱えやすく転位が進行すると左側に体が捻じれていきます。脚長差が増幅しやすい為に最も脊柱の側弯が重症化しやすいタイプです。

 

R2〈右脚の長い両股関節内旋〉

骨盤は前傾して反り腰、背骨が反って鳩胸気味です。左の股関節から転位が進行する為左脚から開きづらくなって行き、脊柱が反り返って生理的彎曲度を過度に超えるとバランスをとる為に今度は猫背になったり骨盤を立たせ後弯姿勢になる人もいます。

両股関節共の内旋に外転が加わるとこのような姿勢に陥りやすく、股関節や病状が重症化していると股関節タイプの見極めに時間がかる場合があり、改善に最も時間のかかる股関節タイプとなります。

 

R3〈右脚の長い両股関節外旋〉

骨盤は後傾して猫背、転位が進行すると右の股関節が過度に外ねじれになり、骨盤が立ち背骨が後弯してガニ股になり、お尻が垂れて猫背が酷くなります。

 

自己整体法

遠隔整体でお教えしている自己整体法とその元になる股関節タイプの分類法は、故磯谷公義氏が創始した磯谷式力学療法の方式をベースにしています。

磯谷式力学療法の自己矯正との相違点

〖股関節矯正Semisian〗では磯谷式力学療法の腰枕や座布団などで脊柱を反らす矯正は両股関節内旋の方にはお勧めしていません。

両股関節内旋の方は例え現状で骨盤が立っているとしてもその裏には両股関節の内旋による骨盤の前傾が潜んでいますし、腰を思い切り反らせる〔前傾させる〕矯正は、骨盤が正真正銘後傾した両股関節外旋の方にのみ有効で、両股関節内旋の方にとっては股関節転位をむしろ進行させるのは明らかな為に禁忌としています。又、両脚を紐で縛って寝るのも両股関節外旋の人にのみ有効ではありますが大変な割には効果がない為、こちらでお教えしている「自己整体法」からは省いています。

自己整体において遷移する足型

不要なものを取り除いて正確に行うと、この自己整体法は非常に生きてきます。かつて療法所で教えられた自己矯正を行っているのに良くならなかったという方は非常に多く、そういったケースで股関節タイプの診断が正しいという場合には、上に上げた部分以外で言えば、自己整体においては段階的に踏まえる部分が変化していく事が上げられます。

自己矯正では立っている時も座っている時も常にとる基本的な足型が股関節タイプ6類型それぞれにありますが、その足型(足の位置・足先の向き)は段階的に変化して行く為、初めに教えられた足型をただ漫然と守ってやっていれば良いというものでもありません。

特に、両股関節内旋・両股関節外旋の方の場合には、脚長差を揃える事に主眼をおいた初期にとる足型から左右共にバランスをとりながら矯正に入る段階2での足型に変えていくべきなのですが、大体はじめから段階2の足型をとって行っているように思えます。それではなかなか脚長差が縮まらず効果を感じられません。こちらでははじめ自己整体ファイル、遠隔自己整体共に、脚長差を揃える事に主眼をおいた足型から段階2での足型までをお教えして、その時々、その人に応じてより的確な矯正が行えるようにご指導を行っています。

 

矯正スクワット

遠隔矯正は『股関節矯正Semisian』独自の矯正スクワットを用いて行います。この矯正スクワットはスクワットと言っても、例え歩けなくなった方でも行え、かつ十分な効果を引き出す事の出来るものです。

矯正スクワットで股関節タイプの確認ができる

この矯正スクワットは遠隔で行って頂く事で、人それぞれの股関節転位が左右どのようになっているのか、素早く確認する事ができます。

左右の股関節は骨盤で連動した動きをする為、片側の股関節を内旋させると、もう片側の股関節は外旋するという一定の転位原則の元に動きます。つまり、この矯正スクワットで片側に内旋方向、外旋方向へ働きかける事で、もう片側の股関節の転位方向や度合いが分かり、最終的な股関節タイプの確認、足型の微調整をする事ができるのです。

又、この股関節転位の原則に則っていつでも股関節を元の状態に戻すことができます。例えば、矯正した後、元の状態に戻し体の状態の違いを確認する事もでき、どのように矯正した、何回位やったかの把握さえできていれば、非常に効果的でありながら、この矯正スクワットを行う事に危険性というものは全くない非常に安全なものです。〔こちらの指導の元に正確に行って頂く事が大原則となります。〕

又、矯正スクワットは自分自身の体重を利用して股関節を矯正する為、矯正効果という意味では、股関節の施術と同等、人によってはそれ以上の効果があります。これが体力のない人にも簡単にできて大きな効果を引き出せる理由です。


股関節矯正Semisianでは、これまで、股関節疾患や側わん症の方々など、様々な難しい状態を改善させてきました。重篤な症状には、臼蓋形成不全症や先天性の股関節脱臼などの股関節疾患が根底にある場合が多いのですが、それは、これらの疾患が通常の範囲を超えて股関節転位〔移動〕しやすく脚長差を増幅させ体のゆがみを増長させやすいからです。

当然、通常より矯正に時間がかかってしまうこれらのケースを早急に改善させるには、歩行に支障の出ているような方にでもできて効果の高い矯正法が必要でした。何故なら、そういった症状を抱えた方々は遠方からいらしてくださる場合が多く、矯正を受けに毎週通う事など不可能ですし、体に不具合がでていて動きに制限がある場合は、自己整体法を最初から効果的に行うこともできないからです。

そういった現実の中で、私は、股関節転位が生み出す6つの股関節タイプ〔左足が長い場合、右足が長い場合それぞれ3つ〕をそれぞれに矯正するスクワットを思いつきました。このスクワットは呼吸を伴う微細な膝の動きだけで、素晴らしい効果を生みだします。一日数分、この何の労力もいらないスクワットを、ご自身で日々実践していただくことで、例え、先天性の股関節疾患を抱えた方であっても自己矯正に取り組み、迅速に矯正の効果を出せるようになったのです。

これにより、股関節矯正の創始者である故磯谷公義氏の股関節転位理論の正しさを証明し、その効果を知っていただくことが可能になったと考えています。

私が行っている股関節矯正や自己整体法は、磯谷式力学療法の一連の方式そのままを採用していませんが、師が発見された股関節転位と、その本質である生命の原理に何処までも忠実に一貫した施術矯正と、自己整体法をお教えしています。


サービス内容と料金

股関節診断に必要な4画像

遠隔矯正や自己整体法をはじめて受けられる方は、事前に全身を映した写真を撮影して下さい。上半身と下半身のラインがはっきりと分かるような上下を着て〔全身を前から、後ろから、右横から、左横から〕撮影した4枚の画像を依頼フォームから添付ください。

遠隔矯正

遠隔矯正は矯正スクワットを用いて行い、初回の方は1回分の料金で3回受ける事ができます。
*以下は全て税込みの金額になります。

①スクワット型選定 10,000円
②遠隔矯正 5,000円
初回の方は股関節診断と矯正スクワットを用いた3回の矯正で 15,000円になります。

自己整体法

③自己整体法ファイル  5,000円
④自己整体法遠隔指導〔2回〕 10,000円
④の自己整体法遠隔指導を受けられる方は、自己整体ファイル無料添付となります。  ③の自己整体ファイルを既に購入された方で、改めて自己整体法遠隔指導を受けられる方は5,000円で受ける事ができますので、依頼フォームのご希望のメニューの所で☑を入れてください。

遠隔矯正+自己整体法

自己整体法は遠隔矯正と合わせて受けられた方が、より正確な股関節タイプの診断の元に学ぶことができる為お勧めです。

遠隔矯正+自己整体法〔①②③④〕 25,000円
自己整体法を遠隔矯正と合わせて受けられる方は、遠隔矯正2回目を受ける前までに自己整体法の申し込みをして下さい。

お支払い方法

お支払方法は銀行振り込みになります。〔三菱UFJ銀行〕

申し込みフォーム

    お名前
    メールアドレス
    生年月日[任意]
    性別
    ご希望のメニュー
    【矯正と自己整体をどちらも受けられる場合には両方にチェックを入れてください】
    ご希望の日時
    【希望される曜日や時間帯などご記入下さい】

    症状について

    ①現在悩まれている症状やこれまでの経緯
    ②これまでにかかった病名や受けられた手術、事故、骨折など
    ③体質的な悩みなどあればご記入ください

    症状について

    写真掲載の可否
    レビューの可否
    備考欄[任意]
    【希望される事があればこちらにお書きください。】
    画像添付[任意]

    Q&A

    申し訳ないのですが録画はお断りしています。
    ただ、3回の矯正期間中にスクワットのやり方に関連する質問に対してはメールで完全サポートしていますのでそのような心配はご無用です。又、矯正スクワットのやり方で細かいことを皆さん気にされますが、左右足の配置と呼吸が合っていれば大丈夫です。

    自己整体法に関してはメールでのご返答は出来ませんが、ZOOMでの対面中にご質問くださればご説明いたします。メールにまとめて事前に頂いたものは、資料など用意する事もできるのでより詳しく説明できる利点もあります。

    体が良くなって頂く事が目的なので、時間は必要性に応じて人それぞれですが、大体の目安として、遠隔矯正は一回目は股関節の診断が入り、60分~75分位です。

    2回目、3回目は矯正自体にはあまり時間を要しませんが、二回に分けて行う自己整体法と合わせると正味50分前後になりますが、ご質問があったり、ケースによっては75分前後かかる場合もあります。

     

    遠隔矯正による快善例

    側弯と首の痛み臼蓋形成不全

    側弯と首の痛み

    はじめに 慢性的となった長年の首の痛みについて現在遠隔矯正を受けられているM様から質問を頂きました。10年来の首、肩、肩関節、肩甲骨の不具合と側弯、そしてこれら全ての根本原因である脚長差についてご説明しています。側弯症と診断された方にも参考にして頂ければ幸いです。 10年以上前に首を痛めたことがあり、ある動作をする時は、根強い慢性的な痛みが残っていま...…

    ランジストレッチの正しいやり方臼蓋形成不全

    ランジストレッチの正しいやり方

    はじめに こちらは臼蓋形成不全と数カ月前にはじめて診断され、股関節痛をはじめとして左半身に抱えた症状が、遠隔矯正を受けられて二回目を受けるまでのひと月の間に大幅に改善されたM様の記録です。これまで行ってきたというランジストレッチをより有効なやり方に変えて、自己矯正に取組まれた後の体の状態などについて書いています。 片足ランジの正しいやり方 はじめに、股...…

    左足の長い側弯改善|正中軸も整う側弯

    左足の長い側弯改善|正中軸も整う

    両股関節が内旋・内転 H・S様 30代 神奈川県 Sさんは左足が長く、両股関節が内旋・内転した股関節で、10年程も腰痛、右膝痛を抱え様々な整体に通われましたが全くよくならないのだと言う事です。 今回は、右膝の痛みを気にされたり体調不良もあり、平均すると、矯正スクワットを1日1セット程度ということですから、長年の症状の改善には未だ至っていませんが、嬉しい...…

    臼蓋回転骨切術を受けられた方の遠隔矯正での快善例臼蓋形成不全

    臼蓋回転骨切術を受けられた方の遠隔矯正での快善例

    手術(RAO)していない側の股関節痛で歩行困難に 長野県にお住まいのY・I様 50代 両側臼蓋形成不全症                                      23歳の時、左足のみ臼蓋回転骨切術〔RAO〕を受けられています。 手術してから現在に至るまで左股関節に痛みはなく、                       近年、右の股関...…

    ストレートバック(平背)の原因は脚長差|右脚長1,5cm→ほぼ同長へストレートバック(平背)

    ストレートバック(平背)の原因は脚長差|右脚長1,5cm→ほぼ同長へ

    骨盤の後傾がストレートバック(平背)を生む ストレートバック(平背)の真の原因とは何でしょうか? 本来、背骨はなだらかなS字のライン(生理的曲線)を描いているのが理想ですが、ストレートバックは、その自然なわん曲が失われた起伏のないストレートな状態を指します。 このストレートバックの脊柱の骨盤は、必ず、通常よりも立って後傾しているという事実があります。 ...…

    臼蓋形成不全の長い足側にでた重症化した股関節痛が、遠隔矯正期間中6割にまで軽減臼蓋形成不全

    臼蓋形成不全の長い足側にでた重症化した股関節痛が、遠隔矯正期間中6割にまで軽減

    こちらは、前回、【臼蓋形成不全の左足側にでた臀部痛から坐骨神経痛~足の前側への痛み)が遠隔矯正一回目で解消】という記事を書きましたが、その続編になります。 ようやく、両股関節内旋の重症化した股関節痛が4割程度軽減しました。 あと6割の痛みですが安定的な領域に入られていて顔色もよく、痛み止めの薬ももう飲まれていないという事です。 [btn class="...…