ヒーリングの施術事例

ヒーリングの施術事例

 

東村山市在住 40代 T・M様

腰椎すべり症の痛みが股関節矯正で初回矯正後に消失されたT・M様のヒーリング例です。

施術前にペンデュラムでチャクラの状態を測定し、施術矯正とヒーリング後に再び測定したところ、すべてのチャクラが正常な右回りとなりました。

チャクラ ヒーリング前 ヒーリング後
第1 水平移動 右回り  
第2 垂直移動 右回り  
第3 垂直移動 右回り  
第4 垂直移動 右回り
第5 垂直移動 右回り  
第6 垂直移動 右回り  
第7 垂直移動 右回り  


 

T・S様 小平市 40代    

胃の重さが消え、三年来の腰の痛みが解消

3年前に一度、酷いぎっくり腰で寝込まれてからこれまで、腰に腰痛を抱え、ぎっくり腰がいつ再発するかと恐れながら、作業系のお仕事を何とかこなされてきたと仰るT・Sさんは、顔色もひどく悪くて、気も重く沈んでいるようでした。

もともと胃下垂で食欲がなく便秘がちで、ここ一週間はほとんど便通も途絶えているということです。

左脚が長く、消化器系の弱い陰性な体質、胃は心と繋がっていますから、これでは気も沈んでしまいますよね。

 

ヒーリングの途中で『胃の重いのが消えた・・・』と言われ、血流促進法の後、鈍くくすんでいた顔色に赤みが射して来て、体が暖かくなったとにっこり微笑まれました。

左骨盤が高く骨盤の高低差が5センチ程もありましたが、ヒーリング後は、外旋している左股関節の角度が明らかに内に入るようになり、ここから更に、股関節を矯正しました。

矯正後立ち上がった時、腰の痛みは全く感じないと仰られたのですが、目が驚くほどきらきらとして、来た時とは別人のように動作が機敏になられました。

骨盤の高低差がどうなったのか、調べるのをつい忘れてしまったのですが、体の整い方から見ると、恐らく、半分は縮んでいるのではないかと思います。

 

 

M・F様 埼玉県 50代   

臼蓋形成不全の両股関節の痛みが消える 

M・Fさんは、半年程前に突如、左股関節に痛みがでて足を前に出し辛くなり、病院で臼蓋形成不全、変形性股関節症と告げられました。

その後、整形外科の他、鍼灸や整体にも行かれましたが、痛みは一向に快善されず、最近では長いほうの右股関節にも痛みがでるようになり、歩行にますます支障が出て、駅からの道もタクシーでいらっしゃいました。

右足が長く、右股関節が過度に外旋・外転、左股関節が内旋・内転しています。

外旋した右股関節も臼蓋形成不全なのですが、ヒーリング後は、明らかに転位角度が快善されたのをご本人も確認できました。

その後、股関節矯正をして歩いてもらうと、どちらの股関節の痛みもない、腰が軽くなった。と、言われます。いらっしゃった時は、疲れて顔が強張ってらっしゃったのに、体がすごく暖かくなって全身が緩まれたようです。

帰りは、水車が回っている野火止用水沿いの道を歩いてみたいと仰り、徒歩で帰って行かれました。

suisha.JPG

 

Y・I様 茨城県 50代     

今回、長尾ヒーリングを初めて受けられました。

はじめ、胃が本来あるべき場所より恥骨の右上辺りに痛みを鋭く感じて、胃が下垂していると思われました。ヒーリングで胃を上に上げると、そのあるべき位置、みぞおちとお臍の間の方に、今度はずっと、痛みを感じると仰います。

血流促進法の途中で、足が暖かくなった!リフレクソロジーを受けた後より暖かい!! と衝撃の発言  毎回60分受けられるリフレクソロジー後より、既に、体が暖かくなったと仰るのです。

途中からお腹がずっとなりはじめ、ビジョンのようなものが見えて、赤、青、緑・・・と、色が移り変わっていくようでした。

ヒーリングが終わった後、背骨があたたくなり、顔の血色がとても良くなっていました。

最後に、股関節を確認し、少し矯正しました。

k・hさんは、股関節が硬くて元に戻りやすく、毎回、強張ったような状態の体を、35分時間いっぱいに矯正をして、左右の顔や肩のライン、背筋などがようやく整うのですが、そのラインまで整われました。

時間も短くて済み、帰りがけに東京で約束があるとかで、足取りも軽く、帰って行かれました。

ヒーリング前とヒーリング後のチャクラの状態をペンデュラムで測定しました。

チャクラ ヒーリング前 ヒーリング後
第1 右回り (中) 右回り  (中)
第2 垂直移動 右回り  (大)
第3 垂直移動 右回り  (大)
第4 左回り (小) 左楕円→ランダム→右回り(大)
第5 静止 右回り  (大)
第6 右回り (中) 右回り  (中)
第7 右回り (小) 右回り  (中)

チャクラはその関係する諸器官にエネルギーを供給していて、右回りが正常、それ以外であれば、エネルギーの供給がうまくいっていません。

k・hさんは、心臓、肝臓、腎臓に問題があり、健康診断でも指摘されていますが、ヒーリング前のチャクラの状態[心臓(第4・左)、肝臓(第3・垂直)、腎臓(第2・垂直)]にそれが現れています。

しかし、ヒーリング後はチャクラがほぼ右回りになり、それぞれの臓器にエネルギー供給ができている状態になっています。

 

 

W・D様 東京都 50代

心臓疾患を患らい、手術を受けられてから8ヶ月が経とうとしています。これまで、チャクラヒーリングと股関節矯正、リフレクソロジーで調子を整えてきました。手術後数カ月は、足裏の反射ポイントは何処を押しても痛かったのですが、徐々に痛いところが絞られてきて、圧痛のあるのが心臓、腎臓、肝臓のみとなっていました。

長尾ヒーリングをはじめて3回受けられた後、リフレクソロジーを行うと、心臓、腎臓、肝臓の反射ポイント何処にも、圧痛を感じられませんでした。

健康体の人の足裏となっていました。

その後も、定期的に長尾ヒーリングのみを行っていますが、股関節を確認してみると、左右それぞれの股関節の角度が改善されていました。

つまり、脚長差が縮まっていますヒーリングで骨盤も整えているので当然といえば当然ですが。

もちろん、股関節矯正をやったほうが脚長差は縮まりますが、その分、体への影響が大きく、内臓疾患を抱えて手術を受けられたような時は、好転反応との兼ね合いがあります。

長尾ヒーリングでは、その場で心臓の状態がよくなる上に、また、好転反応を当面は出さなくて済むので、w・dさんにはとてもよかったようです。

 

 

施術内容 >

sejutu01.jpg

施術内容についてご案内しています。

台湾式リフレクソロジー >

2007-01-19 0113.jpg

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

voices〔ご感想等〕 >

IMGP0866111.jpg

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください

042-307-9588

受付時間 : 11:00~20:00 月曜日休診

フォームからのご相談はこちら