臼蓋回転骨切術を受けられた方の遠隔矯正での快善例

手術(RAO)していない側の股関節痛で歩行困難に

長野県にお住まいのY・I様 50代

両側臼蓋形成不全症                                      23歳の時、左足のみ臼蓋回転骨切術〔RAO〕を受けられています。

手術してから現在に至るまで左股関節に痛みはなく、                       近年、右の股関節の痛みが酷くなっていき、今では僅かな距離も歩けなくなっている状態です。

写真では、左の骨盤が高く左足が長いようにも見えますが、これは、実は右足が長いのです。         右足が長いので、先に痛みの出る短い方の左股関節のみ臼蓋回転骨切術を受けられたわけです。       遠隔での観察でも、両股関節共に極度に内旋され、左股関節がより内旋しています。

『右足が長いですね。』と言いますと、ご本人の理解もそうだったようです。

2回目の矯正後、肩のラインが揃う

初回と2回目の矯正では、脚長差を出来る限り縮める為、左股関節の矯正を行ったので、右股関節痛に快善は見られませんが、2回目の矯正後撮影された写真では、このように明らかに肩のラインが揃い上半身の歪みが快善されています。

alt=””

3回目の矯正時、一時的に痛みが快善

お教えしたスクワットは一日2,3セットを毎日ではなく続けられている感じ、まだまだスクワットを効果的にできずこれという感覚がつかめないようで、何度もメールで熱心に質問をされました。

左右のバランスが良くなっている自覚はあるのですが、右股関節の痛みに変化がなく、少し不安そうなご様子でしたが、自己スクワットで脚長差が縮んで来ているので、ようやく問題の右股関節をある程度矯正できるようになっているのです。

言うとおりにスクワットをやって頂いた後歩いてもらうと、痛みがだいぶ快善された感覚があり、歩きやすくなり階段の上り下りも楽になられたという事です。

しかし、臼蓋形成不全の股関節はまだまだ戻りやすく、少し椅子に座ってお話されていただけで痛み復活(座ると股関節は内旋します)。しかし、その後撮った写真です。

alt=””

2回目の写真よりも、背中(腰)の反りがなくなってる!

『本当に良くなるって事、これで分かりましたよね!』

左骨盤も、だいぶ下がりました。

3回目の矯正で、ようやく感覚もつかめたご様子です。慢性的な痛みに消耗され、まだまだ気力は十分に伴わないとは思いますが、少しずつ着実に脚長差を縮めていけば必ず、快善されます。

3回目の矯正後、股関節の痛みが緩和

3回目の矯正後、頂いたメールでは、嬉しい事に症状が少しずつ快善されているようです。

内側の痛みが少し緩和され、多少歩行の距離が伸びたように感じます。徐々に慣らしながら続けていきたいと思います。
おっしゃる通りゆっくりやっていきます。

ご連絡をありがとうございます。次の矯正での変化がとても楽しみです。

 


施術内容 >

sejutu01.jpg

施術内容についてご案内しています。

台湾式リフレクソロジー >

18811.jpg

台湾式リフレクソロジーについてご案内しています。

voices〔ご感想等〕 >

IMGP0866111.jpg

施術を受けられた方の感想文をご紹介しています。

お気軽にご相談ください

042-307-9588

受付時間 : 11:00~20:00 月曜日休診

フォームからのご相談はこちら


股関節遠隔矯正のご案内

“あなたは、どちらの脚が長いでしょうか?” 自分の体を根本から整えていく矯正スクワットを用いて行う股関節遠隔矯正のご案内です。脚長差無料診断と期間限定のサービスについてもご案内しています。