脚の長さが揃う時

いつ、脚の長さが揃うのか?

この問いに対する答えを見つけました。

それは、“矯正動作が完全に身についた時” です。

立っているときも、座っているときも、中腰の姿勢でものを持ち上げるときも、歩いているときも、いつでも短いほうの脚に対して、
長いほうの脚が正確な位置と角度を決めていないとだめです。

これは、難しいようですが、そうでもありません。
ただ、覚えたことを徹底する、と、固く決意すればよいのです。
自分自身の現実を変える、でもいいのですが、

そういう気持ちになるまでは、幾度となく現実からの圧力を受けるものです。
自分のペースで進んでいけば良いのですが、有限である肉体が相手ですから、場合によっては、取り返しがつかない、ということもありうるわけです。

そのことに関して、私も、けっこうな喪失感を覚えたものです。
ひとつのことを学ぶために、人は、何かを失う・・・なんて苦い想いをかみしめました。

けれど、それは今となっては、肉体の持つ再生力を知るための布石でしかなかったのですが。

いずれにしても、矯正動作をはじめから徹底して行うことの重要性を、ある地点で突如として悟るはずなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA