脊柱の過度の彎曲 3

左は2回目の施術前、右は3回目の施術後の写真です。

最初の施術前の写真が抜けていますが、左脚が長く脚長差が2センチ弱ありました。
右の股関節が左脚よりも内側に入っていた為です。
左側の上下の二枚の写真で、上の写真の姿勢の崩れ方が大きいことでも分かります。

そのことを気にして、骨盤をひいて立つ癖があったのですが、意識を解除して、どちらの写真も自然に立ってもらったところを撮影しました。

http://www.handsoflight.jp

2 件のコメント

  • Unknown
    金曜日はありがとうございました。

    自宅で行っていると、やはりいつもと違う動作をおこなっているのであっているか不安になる為、見ていただける事で安心をします。
    少し腰に違和感がありましたが、特に問題ないとの事、また開脚のあげさげも何回もやってもいいとの事で安心いたしました。

    現時点では、自身の身体のバランス(どちらよりに体重がのっているのか)を意識することが増え、体に意識がむきやすくなっています。また朝起きた時の腰の重さが、正座のおじきをすることで軽減をしているのを感じます。

    日常生活やYogaの際に具体的変化を感じるまでにはいきませんが、今週も矯正動
    作をしっかりとつづけたいと思います。(また休息をとるように!ですね)

    また来週楽しみにしております

  • Unknown
    感想をありがとうございます。

    腰への負担などは、症状が軽減しても、間違った動作をすると復活したり、時間の問題なのですが。

    アプローチの正しさを直感的に認識していても、人によっては何度か身体で繰り返す必要性があってやっと納得する、そういうものですね。

    また、負担が軽減されていく部分と、正しく矯正された骨格系を支える為に負荷がかかってくる部分とあり、鍛えるべき部分に筋肉痛など起きてきます。

    安心して、愉しみながら、確信を持って、やれるのが一番ですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA