真っ直ぐに立つために

重心を丹田におろして真っ直ぐに立つために、

膝を軽く曲げる、ということが意外に重要なポイントになってきます。

何かの技法を習得する基本姿勢の中で、言われることも多いかと思いますが、

あらゆる動作をするときに意識をすることで、常に重心が安定します。

重心が安定してきてはじめて、上虚下実(じょうきょかじつ)の状態が可能になります。

下半身が十分に安定してきたら、今度は、上半身では、浮力を感じてみてください。

空気を押しのけて背骨が自由にしなるような、重力とは逆方向に働く力の中心が、感じられませんか?

http://www.handsoflight.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA