半身浴

半身浴をやってもなかなか汗が出ない、という方が多いようです。

半身浴はこれからの季節、体質の改善にとても役に立ちます。

陰性の状態の改善になりますが、陰性の体の状態というのは一言で言い表すと“冷え”です。
“冷え”というのは、左脚が長いことの本質でもあると思いますが、この“冷え”の改善を図るのは、両脚の長短差矯正と共に、体質への根本的なアプローチです。

いくつかのポイントを守ると、必ず汗が出るようになりますので、是非、もう一度、トライして習慣にしてもらえたらと思います。

半身浴は体を芯から温めて汗をかくことが目的ですから、38~40度のぬるめの温度で入ります。(塩を入れると汗をかきやすくなります)

ぬるめのお湯に入ると寒いのでと温度をあげてしまうと、体表だけが温まって、逆に体の中心部は冷えてしまい、いつまでもたっても芯からは温まりません。

『表熱裏寒』
温まったように感じても、それはそのまま冷えの状態の延長に過ぎないのです。

寒い場合は体全体を適当な温度のシャワーで、ある程度温めてから入りますが、
体に水滴がついたままだと温まる前に冷えてしまいますから、必ず上半身の水滴をぬぐいましょう。
その後、(乾いた)バスタオルを肩からかけておくのがお勧めです。

お風呂に入っているのが苦痛な人は、歌でもうたってみてください。
15分位はあっという間に過ぎて、楽しい上に汗をかきやすくなります。

熱いお湯だといくら入っても汗がでなかった私も、39度だと五分もしない内に汗がでるようになりました。

そして最後は、やはり水を浴びて完了が理想的です。

冷えてしまう、という場合は、最初は、体温より低い温度でさえあればよしとします。

続けていればそのうち、冷水を浴びても平気になるほど、冷えが改善されていきます。

最後の最後に熱いシャワーを全身にかけたり、上半身をお湯につけるのも控えてください。

『頭寒足熱』
改善された体の上下の陰陽のバランスが崩れてしまいます。

ポイントを守らないと半身浴をした意味がなくなってしまうんですね。

その後、冷えないように布団に入れば体はいつまでもぽかぽかと暖かいですが、すぐに寝ない場合は、靴下をはいて、暖かくしていましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA